Ⅲ. 濃厚流動食の使用法
  • 10.保管方法について         
     開封前は、各製品の表示にある保管方法にしたがって下さい。賞味期限が過ぎた製品は使用しないで下さい。開封後は、濃厚流動食をすぐに使用しない場合は冷蔵庫に保管し、早めに使用して下さい。
    多くの濃厚流動食は防腐剤を含んでおりませんので、開封して投与容器に移し替えたあと6~8時間以上経つと細菌が急激に多くなります。長期間の放置や容器に残った状態での継ぎ足しは絶対に避けて下さい。また、投与に用いたものは残っていても再使用しないで下さい。
  • 11.濃厚流動食の紙パック、バッグ製品使用時の注意点
    ○紙パック製品
     【運搬時】
    ・ケースの投げ降ろしは絶対に避けてください。
    ・ケースの上を歩いたり、載ったり、足を掛けたりしないでください。
    ・ケースの角をつぶさないようにご注意ください。容器は角型なので隙間なく包装されています。
    【保管時】
    ・常温の範囲内で保存してください。(未開封の場合に限ります)直射日光の当たる場所や、
    高温になりやすい場所、氷点下での保管は避けてください。製品を凍らせた場合、容器が
    膨張し、破裂可能性があります。
    ・粉塵、水漏れのない場所に保管してください。容器を直接水に浸した場合、容器の貼り合わせ部分の原紙の端面から水が浸透し、容器が変形する可能性があります。
    【ケース開封時】
    ・外包装から容器を取りだす際、カッターナイフやハサミの使用は避けてください。容器が破損し、内容物の変敗に至る可能性があります。
    ・ケースから容器を取りだす際、容器に負担をかけ変形させないよう注意願います。

    ○バッグ製品
     【運搬時】
    ・ケースの投げ降ろしは絶対に避けてください。
    ・ケースの上を歩いたり、載ったり、足を掛けたりしないでください。
    【保管時】
    ・常温の範囲内で保存してください。直射日光の当たる場所や、高温になりやすい場所、氷点下での保管は避けてください。製品を凍らせた場合、容器が膨張し、破裂可能性があります。
    【ケース開封時】
    ・外包装から容器を取りだす際、カッターナイフやハサミの使用は避けてください。容器が破損し、内容物の変敗に至る可能性があります。
    【使用時】
    ・取り扱い時に衝撃を受けないように注意ください。スパウト部は特に弱いため、強い衝撃を受けることにより漏洩する可能性がございます。
    ・折り取りスパウトは再封性がありませんので、開封後は速やかに使用してください。

  •    
         

当サイトの文章、画像の無断転載を禁じます。 【日本流動食協会】
Copyright Nihon Ryudoushoku association. All Rights Reserved.