Ⅲ. 濃厚流動食の使用法
  • 1. 使用上の基本事項
  •  ○投与スケジュールを決めて下さい。
     ○液状流動食の場合は、急速投与はしないで下さい。
     ○調整の際の取り扱いや、容器を清潔にするよう注意して下さい。
     ○封後は出来るだけ早くご使用下さい。

    2. 投与する濃厚流動食に関して
     ○投与熱量について
     患者さんごとの必要な投与熱量を個別に設定する際には、患者さんの状態に合わせて、ハリスベネディクトの式等で算出した値を参考に投与熱量を決定して下さい。また、体重あたり25~30kcalを基準とする考え方もあります。さらに、重症患者では間接熱量計での測定も有効です。

  •  ○投与する栄養素の組成について
     患者さんの栄養状態を評価し、最新の「日本人の食事摂取基準」なども参考にしながら投与する組成を決定し、総合栄養食品(病者用)又は濃厚流動食より適切なものを選択して下さい。

  •  ○総合栄養食品(病者用)及び濃厚流動食の投与温度について
     従来、濃厚流動食の投与温度は「体温(35℃)程度を基本として下さい。」等の考え方がありますが、投与前に加温しても、経管投与中に冷めてしまい、実際には室温に近い温度での投与となります。温めると細菌の増殖を早め、下痢の原因になったり、変性の危険性もあります。冷蔵庫から出した直後の状態で投与しなければ、あえて加温の必要は無いと思われます。

  •  ○下痢への配慮
     患者さんが下痢傾向の場合は、下痢の改善に関連のある、「中鎖脂肪酸」、「食物繊維」、「オリゴ糖」等が配合されたものを選択してみて下さい。下痢の多くは投与速度が速過ぎ、濃度(浸透圧)が不適合な場合に起こります。 
    また、下痢が続く場合は医師に相談すると共に、低速安定投与を試みるか、経腸栄養専用ポンプを用いてください。 最近では、総合栄養食品(病者用)及び濃厚流動食摂食時の下痢改善目的で半固形化した流動食が用いられることもあります。
     同様に、下痢にもかかわらず、下剤や下痢の原因となる抗生物質等の使用を継続している場合もご注意下さい。

  •    
  •                    

当サイトの文章、画像の無断転載を禁じます。 【日本流動食協会】
Copyright Nihon Ryudoushoku association. All Rights Reserved.