II. 濃厚流動食の組成
  • 1. 濃厚流動食の内容成分
  •  濃厚流動食の成分は、たんぱく質、脂質、炭水化物(糖質+食物繊維)、ミネラル、ビタミン、水などからなります。

    @たんぱく質
     たんぱく質はアミノ酸で構成されています。アミノ酸が並ぶ順序や長さによって、たんぱく質の種類や機能が決まります。半消化態栄養剤では、カゼインなどの乳たんぱく質や大豆たんぱく質、乳たんぱく質の加水分解物、動植物たんぱく質由来ペプチドなどが使用されています。一方、消化態栄養剤では、アミノ酸またはジペプチドやトリペプチド等のスモールペプチド、乳たんぱく質や卵白の加水分解物が使用されています。また成分栄養剤は結晶アミノ酸が使用されています。

    A脂質
     脂質は脂肪酸とグリセリンから構成されています。脂肪酸は炭素と水素と酸素の3種類の原子で構成されています。炭素原子の数や炭素原子のつながり方などの違いにより、脂肪酸の種類や性質が決まります。
     二重結合している炭素原子がない脂肪酸は飽和脂肪酸、二重結合のある脂肪酸は不飽和脂肪酸と呼ばれています。不飽和脂肪酸のうち、二重結合が1つしかないものを一価不飽和脂肪酸、二重結合が2つ以上あるものを多価不飽和脂肪酸といいます。多価不飽和脂肪酸の中でも、末端メチル基(CH3)から数えて3番目の炭素原子に二重結合があるもの(例:α−リノレン酸、EPA、DHAなど)を「n-3系(ω3)脂肪酸」といい、6番目の炭素原子に二重結合があるもの(例:リノール酸、γ−リノレン酸、アラキドン酸など)を「n-6系(ω6)脂肪酸」といいます。
     炭素原子が2〜6個つながったものを短鎖脂肪酸、8〜10個つながったものを中鎖脂肪酸、12個以上つながったものを長鎖脂肪酸といいます。濃厚流動食では、必須脂肪酸補給のために各種の植物油や動物油が使用されています。

    B 炭水化物
     炭水化物は糖質と食物繊維から構成されています。化学構造の特徴から、1つの糖からなるものを「単糖類」といい、単糖が2つ結合したものを「二糖類」といい、単糖が多数結合した高分子化合物を「多糖類」といいます。
     食物繊維は、ヒトの消化酵素で分解されない食物中の難消化成分の総称です。水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維に分類され、それぞれ生理作用が異なります。濃厚流動食では、さまざまな種類の糖質や食物繊維を添加した製品が発売されています。

    C ミネラル・ビタミン
     現在市販されている濃厚流動食に添加されているミネラル・ビタミンの種類や含有量は、製品によってまったく異なるため、濃厚流動食のみで管理されている患者さんの一部には、製品によっては欠乏症を起こす場合があるので注意が必要です。同時に、特定のミネラル・ビタミンが強化されている製品については、過剰摂取にならないような配慮が必要です。またミネラル・ビタミンの必要量は、年齢や性別、病態によって異なるため、ご使用になる方それぞれの状態に配慮する必要があります。

  • <栄養成分などの含有表示について>
    濃厚流動食の栄養成分などの含有表示は、健康増進法の栄養表示基準で決められています。栄養成分の含有量が一定値で示されている場合、各栄養成分の表示値の誤差範囲は下記のとおりです。
  •    
  •                    

当サイトの文章、画像の無断転載を禁じます。 【日本流動食協会】
Copyright Nihon Ryudoushoku association. All Rights Reserved.