流動食の使い方のトップページへ           
調査研究報告の目次へ


濃厚流動食品と浸透圧について
  • 浸透圧と下痢
  •  濃厚流動食品の浸透圧と浸透圧性の下痢との関係とは?

     通常ヒトの場合、1日に糞便中に排泄される水分は100 〜200 mlに過ぎないといわれています。下痢とはこの糞便中の水分量が異常に増加することですが、これにはつぎのような原因が考えれています1)。  


  • 1.消化管内に入った物質が吸収されにくく、管内の浸透圧が高くなり、
  •   体液浸出で腸内溶液が増加する場合。
    2.消化管の炎症などで腸粘膜の透過性が高まり浸出液が多量に管内に
  •   流れこむ場合。
    3.ホルモン、脂肪酸やある種のトキシンの作用により分泌液が盛んに出
  •   る場合。
    4.消化管運動の亢進で急速な腸管内容物の通過が起こり、その結果、
  •   水分吸収量が低下し糞便水分量が増加する場合。
    5.稀に、先天性の電解質と水吸収の障害がみられた場合。
    6.その他の病態生理不明な原因の場合。


     濃厚流動食品でよく話題になる製品の浸透圧と下痢については、上記@に関係する浸透圧性によるものです。この浸透圧性の下痢は、「摂取された物質自身の性質あるいは、摂取したヒト側の病態により、腸管で吸収されなかった物質が高濃度で腸管に滞留することにより、腸管内の浸透圧が高まり、これを希釈するために多量の体液が腸管内に移行することが原因」で起こるといわれております。たとえば、吸収されにくいマグネシウムを含有する薬剤や難消化性糖類などを過剰量摂取した場合に浸透圧性の下痢が起こります。また、消化酵素の欠損や乳糖不耐症などヒト側の病態も大きく浸透圧性下痢に影響します。


  •  では、濃厚流動食品ではどうでしょうか。メーカー各社で製造されている各製品は、原料の大半が、通常、消化管内で速やかに消化吸収されうる成分から成り立っています(半消化態栄養といわれる所以です。)。このように難消化性成分が多量に含まれず、適切な摂取量の場合には、「腸管で吸収されなかった物質が高濃度で腸管に滞留する」ことが起こりにくいと考えられます。したがって、単純に製品の浸透圧の高低で下痢の誘発を推察することは、使用される原料から消化吸収面を考えると、あまり科学的ではないと考えられます。


  •  では、下痢に対しての留意点はどのような内容になるのでしょうか。実際には、濃厚流動食品を含む経腸栄養では、製品の浸透圧よりもむしろ投与速度が、大きく下痢発生に影響するとされております2)。下痢防止には、投与初期に十分な馴化期間を設けること、その後の投与速度への注意、が喚起されています2)。また、栄養製品の濃度調整時の汚染も下痢の要因になり、大きな課題となっております。


  •  一方、上述の下痢要因のAからEの原因は濃厚流動食それぞれの原因ではなく、摂取して頂く患者さん側の病態が大きく関与しており、製品毎の浸透圧の影響は小さいと考えられます。




  • 1) 武藤泰敏 編著:消化・吸収 −基礎と臨床−、第一出版株式会社
  •   (東京)pp.156−158、2002
    2) 岩佐幹恵、岩佐正人:経腸栄養施行中にみられる消化器に関連した
  •   合併症、日本臨床59巻、増刊5、349−354、2001
1P 2P  3P


当サイトの文章、画像の無断転載を禁じます。 【日本流動食協会】
Copyright Nihon Ryudoushoku association. All Rights Reserved.