流動食の使い方のトップページへ            
調査研究報告の目次へ


濃厚流動食品を使用した場合の塩化ビニル製医療用具からの
可塑剤溶出試験

※※注意事項
厚生労働省医薬局 医薬品・医療用具等安全性情報 No.182より
  • 1)新生児・乳児に使用されるフィーディングチューブについては、
     (1)対象患者の感受性が高いと考えられること 。
     (2)体重が少なく、体重あたりの被曝量が大きくなると想定されること。
     (3)脂溶性のミルク等を流すために大量のDEHPが溶出する可能性が
  •    あること。
     (4)代替製品が存在することから、できるだけ早期に使用を中止し、
  •    代替品の使用に切り替える。
  • 2)ヘパリンコーティングチューブについては、
       全くDEHPが溶出しないとする海外の報告もあるが国内流通品に
  •   ついての検討結果では,完全にDEHPの溶出を防止することができ
  •   ないが、曝露量を低減することが確認されており、DEHP曝露の低減
  •   の手段の一つとして参考にされるべきものとして周知する。
      なお、ヘパリンコートについては、生物由来の製品であるが,共有結合
  •   タイプの方がイオン結合タイプに比べて、よりDEHPの溶出を低減する
  •   傾向にあることも報告されていることも参考にするよう付記する。
  • 3) 人工腎臓用血液回路については
  •     (1)長時間の体外循環により大量のDEHPに被曝する可能性がある
  •   こと及び、(2)繰り返し使用されるものであることから、新生児・乳児等
  •   の感受性が高いと考えられる患者に使用される場合には,臨床上治
  •   療等に支障を生じない範囲(ヘパリンコーティングチューブの併用や
  •   回路の一部を代替品で置き換える等)で代替品の使用に切り替える。
  • 4)人工心肺回路及びその他の血液回路については、
  •    一時的に大量のDEHPに被曝する可能性があるものの、生涯を通じ
  •   て反復して被曝する可能性は低いことから、代替品の使用に切り替え
  •   ることが可能な場合(ヘパリンコーティングチューブの併用や回路の一
  •   部を代替品で置き換える等)には、代替品への切り替えを検討する。
  • 5)輸液チューブ及び延長チューブについては、
  •    使用する薬剤に依存してDEHPが溶出することから、特に脂溶性の
  •   高い薬剤を使用する場合には、代替品への切り替えを検討する。
  • 6)さらに、感受性が高いとされている新生児・乳児に加え、これら
  •   影響する可能性が高い妊婦、授乳婦への適用については
  •    優先的に代替品に切り替える等配慮する。
  • 7)血液バッグについては、
  •    DEHPによる赤血球保護作用があることが報告されており、現時点
  •   で、代替品に切り替えなくてはならないものとは考えられないが、
  •   低温で保存することにより、DEHPの溶出を押さえることができるとの
  •   報告もあることから、保管温度を下げできるだけ短期間の保存にする
  •   ように配慮する。
1P 2P 3P 4P 5P 6P 


当サイトの文章、画像の無断転載を禁じます。 【日本流動食協会】
Copyright Nihon Ryudoushoku association. All Rights Reserved.