流動食の使い方のトップページへ            
調査研究報告の目次へ


濃厚流動食品を使用した場合の塩化ビニル製医療用具からの
可塑剤溶出試験
  • 実験結果のまとめ
  •  標準的な濃厚流動食品(21品)を当局の示す試験方法を参考にDEHP溶出量の測定を実施しました。
      (各製品の3大栄養素の割合は下図に示した通りです。)
  •  各製品を市販の経腸栄養ボトルに入れ、ポリ塩化ビニルを含む栄養点滴セットならびにフィーディングチューブ(8Fr.40cm)を接合し、
  • 約100ml/時の流速で400ml製品を流し、容器に貯め、一定時間後に、
  • サンプリングして、DEHP濃度を測定しました。
  • 測定は島津分析センターにて、実施しました。(GC/MS−SIMS法)





1P 2P 3P 4P 5P 6P


当サイトの文章、画像の無断転載を禁じます。 【日本流動食協会】
Copyright Nihon Ryudoushoku association. All Rights Reserved.